ふくおか子どもの医療を守る会
福岡県内の、中3までの医療費無料化と
子どもらが保険で良い医療を受けられるように取り組んでいます

運動の成果

“あってよかった もっとひろげて”の運動を!
☆子どもの医療費無料制度の拡充を求める全国の運動の成果

 子ども医療費無料化を求める取り組みが各地で進められ、2013年3月24日厚労省発表の「乳幼児等医療費に対する公費負担事業実施状況」(2013年4月現在)では、就学前まで助成(就学前以上を含む)する市町村は、2001年4月当時で通院20%、入院37.8%だったものが、2013年4月1日現在で通院98.8%、入院100%の市町村に広がり、中学卒業まで助成(中卒以上を含む)する市町村も外来56.7%、入院72.8%にひろがっています。

 また、18歳年度末までを対象とする市町村は通院で155(8.9%)、入院で165(13.2%)、に増加しています。

※表中( )内は、該当市区町村/全市区町村数

 一方、医療費助成を実施する市町村に対する都道府県補助制度も、2013年12月現在で、就学前以上が入院で2001年度の13府県から46都道府県へ拡大し、通院でも2県から39都道府県に拡大しています。

 中卒まで以上を対象とする都道府県は入院で1県から10都県へ。通院ではゼロから6都県へ拡大しています。しかし様ざまな事情で対象年齢を就学前までとしている市町村も通院で21(1.2%)残っています。

☆ひろがる国の医療費無料制度創設を求める
地方議会での意見書
全地方議会の44%で採択(2014年4月30日現在)

 2001年5月に「乳幼児医療全国ネット」が発足して以来、国の制度創設を求める世論は急速に広がり、2014年4月30日現在国制度創設を求める意見書を採択している地方議会数は、42都道府県議会(47議会中89.3%)、752市区町村議会(東京都区別区を含む1741議会43%)に達しています。

ふくおか
子どもの医療を守る会

〒812-0016
福岡市博多区
博多駅南1-2-3
博多駅前第一ビル8階
福岡県歯科保険医協会内

TEL 092-473-5646
FAX 092-473-7182
お問い合わせLinkIcon