保団連女性医師・歯科医師開業医会員アンケートまとめ
「産前休暇ゼロ 女性開業医の3割

2016.7 詳しくはこちらからLinkIcon

茶話会(さわかい)のご案内

  • 毎月1回、女性歯科医で集まって、茶話会をしています。
  • ★皆さんでお会いして情報交換の場にしています。
  • ★興味のある方、相談のある方、お友達を作りたい方etc
  • ★会員でなくても参加OKです。おしゃべりに来て下さい。
  • ★茶話会の様子はこちらをLinkIconご覧ください。
  • ★茶話会のご参加はこちらからLinkIconメールをお送りください。またはお電話(092-473-5646)にてご連絡ください。

藤瀬先生から届いた、トンガの風
第15回七夕トーク

 トンガにJICAから派遣されて、歯科協力を2年間体験された、歯科医師の藤瀬多佳子先生の講演を聞くことができました。
 藤瀬先生のトンガでの歯科医師生活は、日本のそれとは、ずいぶん異なる日常でした。


 さて、なぜ、トンガ? 先生にお話しをお聞きするまでは、全員まったく想像もつきません。しかも、藤瀬先生が派遣されたのはトンガの僻地のババウ島と言うではありませんか。そんな想像もできないところに、二つ返事で、どれだけの女性歯科医師が行くことができるんでしょう。文明生活に侵された私なんて、聞いてるだけで、ひるんでしまいます。
 とめどなく楽しそうに、トンガでの経験を話される藤瀬先生を、会場の参加者一同は、ため息をつきながら見つめておりました。パワフルな先生とはいえ、こんな風に、その才能とパワーを、小さな美しい島の人々のために開花させるとは、その日、たくさん参加くださった九大の同級生、後輩、誰一人予想していなかったんじゃないかと思います。


 トンガでは、小学生の虫歯の罹患率は、95パーセントだそうです。スライドに映し出されるトンガ国民の口の中は、まず、日本人の口の中ではありえな~い、と思うほど、焼け野原状態です。そもそも、歯ブラシ習慣がない? 歯医者が足りない。ないないづくしの歯科環境です。そんな環境の現地で、藤瀬先生に求められたのは、抜歯でした。日本なら保存できる歯でも、ひたすら抜歯です。歯科医としてジレンマをかかえながら、ニーズを満たしていた藤瀬先生は、とうとう行動し始めました。ある時から保存治療を試みることにしたのです。しかし、予算も少なく、治療器具は、すべて島外からの輸送に頼るトンガの僻地では、その試みは、すぐに、材料がつきてしまうという現実にはばまれてしまいました。


悩んだ藤瀬先生がいきついた結論は、「予防」!
 学校が整っているというトンガの良いところに目をつけて、そこに、「予防」を浸透させる。マイナスを嘆くより、プラスを喜ぶ藤瀬先生の当然ともいえるアイデアでした。
 先生の2年の滞在の大きな目標ができた先生。きらきらした彼女の目が見えるようです。しかし、いざ小学校を対象に予防活動とがんばってみたものの、現地の先生は仕事がふえると、すぐに協力体制に入れなかったそうです。でも、そんなことであきらめないのが藤瀬スタイル。
 たまたま、疫学調査をしようとしていたWHOをまきこんで、検診活動にこぎつけました。その結果、トンガの歯科の惨状を数値化して現地の人たちにプレゼンすることができました。
 ターゲットを子供にしぼり、午前中は診療所で治療にあたり、午後からは、ババウ本島の21校をめぐり、歯磨きとフッ素洗口指導を根気よく続けました。
 一日平均600人の子供たちをかえていけば、きっと大人までかわっていく。その信念で、地道に地道に継続した結果、帰国する2年後には、子供たちの口の中は、劇的に改善して、めんどくさがっていた先生方にも、すっかりやるのが当然のようになってしまったそうです。
 そして、プロジェクトは、10年後の今まで引き継がれ、トンガのスタッフに受け継がれている、と聞いて、会場の皆さんに溜息・・・感動がよぎります。


 さて、トンガは、ヨットマンのあこがれの寄港地だそうです。おまけに、くじらだって、トンガに寄るのだとか。数多くのヨットマンと交流しながら、「海とは、人を隔てるものではなく、人が入ってくるところなのだ。」と教えられたそうです。世界中からやってくるヨットマン、はたまた各地から集まってくるボランティアスタッフと気軽に交流を重ねる藤瀬先生。彼女のトンガは、僻地トンガではなく、なんてオープンでインターナショナルな場所なのでしょう。
 先生の英語が流ちょうなのも、英語を伝えるための道具としてしたがえているからなのでしょう。
 「日本人は四季もあるし、多様性を受け入れることができる国民だ。しかも、日本人は年齢不詳で若く見える。顔は丸くて威圧感がなく、世界中で好かれる。」
 また、「私は、トンガでは、日本人の代表。私イコール日本人。日本で自分の名刺代わりになっていた勤め先も、資格も何もかも、ゼロ出発になる海外。じゃあ、そこで私は何ができるか、まずそこからです。」そう言われていたのが印象的でした。
 加えて、「歯科医という技術は、世界共通。歯が痛いとうずくまっている人は世界共通」。
 普段そういう見方をするチャンスに乏しい会場の私たちは、自分のレンズの焦点距離を、思わず変えられたような気持ちになります。


 たくさんの参加者の大部分は、藤瀬ファンでした。同期生の先生方の出席も多数で、藤瀬先生が、周りの人に愛され続ける幸せな方でもあるとわかります。
 県内3つの歯学部からそれぞれ参加してくださった歯科学生の方々も、歯科医の前途に、また、ひとつ、素敵な道を見出してくださったようでした。


 日々忙しく、気苦労の多い女性歯科医師たちに、藤瀬先生から届いた、トンガの風は、まるで神経質なワーカホリックな毎日に吹いてきた一陣の風のようでした。

(浦川幸世・記)
2016.7.24

第10回料理教室
「ホームパーティで作ろう

2016.7 当日の様子はこちらからLinkIcon

明日の歯科界背負って立つ後輩たちの期待や不安
「女子歯学生アンケート」

2014.5 詳しくはこちらからLinkIcon

お問い合わせ先
〒812-0016
福岡市博多区博多駅南1-2-3
博多駅前第一ビル8階
福岡県歯科保険医協会内
TEL 092-473-5646
FAX 092-473-7182

リンク

  • 全国女性歯科医師の会
  • 子どもの医療を守る会