充実した学習交流会 東日本大震災被災地の報告に衝撃

  •  去る10月5日、台風による強い風雨の中初めて女性医師歯科医師学習交流会に参加させて頂きました。飛行機が飛ばないなどの悪条件が重なり、残念ながら参加できない先生もいらっしゃる状況ではありましたが、大変充実した学習交流会で各地から43名が参加しました。
  •  午前の特別講義では労働と女性の働き方に関しての現状などを毎日新聞社の東海林智(とうかいりん・さとし)氏に講演頂きました。話に登場するのは同世代の女性達であり、報道などでもほとんど取り上げられる事のない厳し過ぎる現状をお話頂きました。
  •  労働問題というと医療者側との関わりは一見稀薄に思えますが、労災隠しなど実際に直面する機会があることを聞き、患者さんに不利益があるような場合には組合や相談センターを紹介するなど医療現場からも彼女達の力になる手助けができることを教えて頂いたのはとても大きな収穫でした。
  •  女性の労働環境や未だ根強い「女性が家庭を守る」という考えで仕事と家庭の両立が妨げられており、今後の課題であると再確認しました。
  •  講師の東海林さんは、年越し派遣村の実行委員でもあり、著書に「15歳からの労働組合入門」「貧困の現場」などがあります。
  •  指定報告の歯科学生アンケートでは家庭と仕事の両立も考えながらこれから輝いていく学生さんたちの悩みの一端に触れる事が出来ました。懐かしさとともに、そんな彼女達の先輩としていい見本になれるよう頑張りたいところです。
  •  続いての指定報告では東日本大震災での、特に女性の状況を女性の目線でお聞きして、改めて衝撃を受けました。東日本大震災の報告は色々なところで見聞きしてきましたが、「着替える場所がなかった」、「1カ月も下着を着替えられなかった」など、女性特有の辛かった実情について、こんなにもリアルにお聞きしたのは初めてでした。写真も交えて実体験を語って下さる先生方のお話はとても胸に迫ります。
  •  最後に各地の活動報告をお聞きしました。どこもそれぞれに充実した活動を行っていらっしゃり大変興味深く、また今後の活動の参考にしたいと思います。
  •  天候の影響を避けるため時間通りの解散だったこともあり、ご一緒した先生方と交流する時間がなかったのが残念ですが、大変興味深く、また充実した学習交流会でした。
(大山恵美・記)

▲ ページトップへ


  •  2014年の七夕トークは、第13回を迎え、しばらくぶりに、テーマが原点にもどってきました。九大口腔機能修復学講座助教の桑鶴利香先生をお迎えし、仕事、結婚、出産、子育て、という、女性にとっては、普遍的な、でも新しいテーマについて話していただきました。

現代女性の状況をつぶさに語ってくれた桑鶴先生

  •  桑鶴先生は、このまま仕事ひとすじで走っていくのかな?と思われた30代なかばで、現在のご主人に出会い結婚。40歳の声を聞いて、待望の妊娠、男児出産となられました。どうやって大学の仕事をしながら、人生の大事業に取り組んでいらっしゃるのか、大学人らしく、すばらしいスライドを使って、お話ししてくださいました。

  •  それにしても、桑鶴先生のこの“人生タイムスケジュール”は、仕事のキャリアアップのあとに結婚出産と展開する、最近の働く女性の、一つのトレンドかもしれませんね~。

  •  先生曰く、「仕事を続けながらの育児は、たくさんの人やサービスのおかげで成り立つもの。それなくしてはありえない。」
  •  会場の皆さんのうなづく姿が見られます。みなそれぞれに、応援部隊をもって、日々を送っているのでしょう。確かに、女性歯科医師の仕事は、長時間の肉体労働。しかも、精神をすり減らすサービス業でもあります。

  •  若い時は、自分一人で、何でもかかえてがんばっていた健気な皆さんも、いさぎよく、兜を脱いで、周りのみなさんに、感謝して、お世話にならずしては、やってはいけないようです。 桑鶴先生も、美しい鉄の女から、一転、ふんわりやわらかで、しなやかな、超合金に変身し、人生をたくましく、したたかに生き抜く、たよりになるおっかさんになられたようです。会場の参加者は、皆まぶしく、先生を見つめておりました。

  •  皆の視線を熱くあびながら、桑鶴先生は、現代の女性がおかれている状況をつぶさに、統計を駆使して、語ってくださいました。
  •  出産育児によって、自分のパートナーが、たよれる片割れになるか、愛想がつきた共同生活者になるか、分かれ道になる。というプレゼンテーションは、黒一点、参加くださった、男性歯科医の某先生に、プレッシャーを与えたかもしれません。(笑)

  •  さて、講演のあとは、会場に集まって下さった女医さんたちの座談会です。
  •  一人一人、あまりにパワフルで、数少ない男性参加者は(事務局の皆様も含めまして・・・)、圧倒されておりました。でも、まあ、これは、毎年のことですね。(笑)


  •  参加された、歯科大学の女性の学生さん達のコメントは、当然ですが、これから社会に出て、仕事も、プライベートも、是非充実させていきたいという意気込みにあふれてました。すでに、学生さんでママという方もいらっしゃって、女性の生き方は、男性より、バリエーション多彩だな~、と思いました。


  •  出産のトピックは、なんと言っても、45歳で初産!という某先生。やはり、彼女の体験談は、会場のすべての皆さんに、力と勇気を与えるものでした。女医さん一人で開業されている先生方の参加も多くいただきましたが、日々の苦労もさらっと流して、まわりを包み込む笑顔で、元気よく話される姿に、女性の気品を感じました。パートナーといっしょに開業されている某先生は、しっかり、旦那様を手の上でころがしていらっしゃるようで、ご夫婦でやっているところの成功パターンは、女性上位?いや、ご主人の幅の広さが鍵か?と思わされました。

  •  皆さんの、熱気がむんむんで、今年も、本音トークは、健在でございました!当然、今年も時間オーバー(汗)。終わりを告げるのが、当方司会としては、気がひけます。でも、保育をお願いしている子どもさんがたに、すでに限界が来てしまって、やむなくお開きになりました。


  •  参加数41人、保育預かりは8人。過去最高の会となりました。みなさん、この勢いで、暑い夏を乗り切って下さいませ。
(浦川幸世・記)

▲ ページトップへ


  • -10周年記念コンサート開催-
  •  7月10日(日)17時から、ANAクラウンプラザホテル福岡にて恒例の「七夕トーク」が開催されました。今回は福岡女性歯科医師の会発足10周年を記念してコンサートを楽しみました。

  •  当会は全国の保団連女性部会立ち上げの中で2000年に発足、色々な問題や悩みを抱える女性歯科医師が集まって「まずは集まっておしゃべりしましょう」から始まり、福岡県歯科保険医協会の女性会員(当初女性会員97名余、現在は138名)を母体として、福岡県内3つの大学(九州歯科大学・福岡歯科大学・九州大学歯学部)の歯学生はじめ、研修医・勤務医などにも広く呼び掛けて、これまで様々な講演会・勉強会・認可外保育所の歯科健診・3Dアート教室・お料理教室など女性歯科医師の要望にこたえて活動をしてきました。

  •  この10年の歩みを綴った記念誌「JOI、JOY」が発行され、これまでお世話になった方からの励ましの言葉や懐かしい報告記事を見るにつけ、気がつけば10年という長さをあらためて感じました。
  •  第1部では♪パリはミュージシャン♪の曲から始まった高杉稔さんのシャンソンと朗読、花岡和美さんのピアノ演奏でとても楽しい時間を過ごしました。

  •  第2部は、恒例の交流会でした。初めて参加していただいた学生さんや休職中の方からの不安や悩みに、先輩からの力強いエールや具体的な支援の情報で話が盛り上がり、結局、準備していたテーマ“働く女性のリフレッシュ法”はほんの付け足しになってしまいました。

  •  参加者は欠席者もあったため大人31名、こども1名、保育7名と予定よりやや少なくなりましたが、忙しい中を参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。

  •  今後もネットワークを広げながら若い世代の女性歯科医師がその持てる能力を十分発揮できるような環境整備を目指して今後も活動を続け、また新たなページのために頑張りすぎずに、あきらめずに、楽しく、本音で語り合いながら一歩ずつ前進していければと思います。
(報告 田篭 祥子)

▲ ページトップへ



  • 『第5回お料理教室 基本から学ぶ伝えたい和食』
  •  平成24年1月22日日曜日、いつものように徳永睦子先生をお迎えして、お料理教室が行われました。今回で5回目、テーマは「基礎から学ぶ伝えたい和食」。徳永先生も「派手さはないけれど、是非若い人たちにもっと和食を学んでほしい」とおっしゃって、いつも以上に熱いご講義をいただきました。

  •  お料理教室が始まる前、「まずはお茶をいただいて、少し落ち着いてから始めましょうか。誰か入れてくれる人?」という徳永先生の呼びかけに、1度は私も席を立ったのですが、若い先生方が「私が」と言ってくれたので、「サンキュー」とすぐに着席。お茶が出てくるのをただおとなしく待つ私。こういうところがダメなんだな~と気持ち反省しながらも、入れてくれたお茶の美味しいことにびっくり!!「高級なお茶葉を購入しなくても、入れ方一つで自宅のお茶でも十分美味しくいただけるんですよ」と先生。なるほど確かに。普段の生活の中ですぐに役立つことを丁寧にご指導してくださるのも徳永先生ならではです。おいしいお茶で一息ついてから楽しいお料理教室が始まりました。

  •  今回は和食がテーマでしたので、まずは「おだし」(かつおと昆布の混合だし)を取ることから。お恥ずかしい話ですが、今まで生きてきて、おだしを取ったのは初めてでした(煮干しは除く)。なんとなく手間がかかるというイメージだったのですが、これが意外と簡単なんですよ!!しかも1度にたくさんお出しを取っておけば、冷蔵庫に保存しておけるんです!!この教えていただいたおだしに少しお塩をして、ねぎを入れるだけでも立派なお吸い物が出来上がると先生。永○園は卒業してください、という徳永先生の言葉に大きくうなずく私。今回はこのおだしで「花海老と菜の花のお吸い物」を作ったのですが、料亭顔負けの美味しさでした。お吸い物は、椀種、つま、吸い口、からなるのですが、このお吸い物で季節を感じることができるというお話は素敵でした。

  •  今回はつまに菜の花、吸い口に柚子だったのですが、これは春のお吸い物だそうです。そのほかにも「生姜ごはん」、「レンコンと鶏の煮物」「山芋ときのこのわさび和え」、すべて最初にとったおだしをつかって作りました。どれも本当に美味しくて、あっという間に完食です。

  •  デザートは「苺大福」。実は今回私は苺大福にかかりっきりで、苺のへたをとるために1度包丁を握り、あとはアンを丸めたり、求肥で包んだりしている間に美味しい和食が出来上がってしまったという・・・でも大満足の会でした。

  •  次回は4月か5月を予定しています。今回使用したかつおに含まれる「アンセリン」という成分が美容に良い、という先生のお話から、次回のお料理教室のテーマが決まりました。ズバリ「美しくなるための料理」です。コエンザイムQ10のサプリメントを飲むよりも、普段の食事の中からきれいを手に入れましょう!!
  • 是非ご参加ください。(小石裕子 記)
  • ★和食の「心」大満足の一日でした★
  •  1月22日(日)に西部ガス高宮教室(高宮駅前)で料理研究家の徳永睦子先生をお迎えして料理教室を開催、今回は趣向を変え和食の基本から実践していただきました。いつもの〃婚活〃のキャッチフレーズが無かったので結果的に〃女子会〃になりました。ワイワイガヤガヤにぎやかな料理作りになりました。

  •  今回のテーマは「基本から学ぶ 伝えたい和食」。料亭のお料理みたいにえびを丸くして、見た目も華やかなお吸い物や生姜ご飯、山芋料理などなど。デサートは苺の大福。苺は福岡県の特産品〃あまおう〃をふんだんに使った贅沢なデザートです。

  •  参加者(診療後は主婦)からは「以外に〃簡単〃に作れるネ」「上品な味」「ゆずとか入れてちょっと手間かけたらガラッと変わるネ」などなどの感想が…
  • 4時間(試食時間も含め!)もの長時間でしたが、本当に〃アッ〃という間に過ぎました。私は苺大福がたいへん美味しかったです。
  •  次回の料理教室も楽しみです。(事務局:菊池 綾)



和気あいあいのお料理教室

  •  4月24日(日)の第4回お料理教室は、今話題の「米粉を使ったスイーツと『春を味わう』旬の料理」でした。今回はメニューに惹かれていった私でしたが、期待通りでとも満足でした。参加者は、開催日1週間前になっても申込者が少なかったんですが、前日までには13人と増えて和気あいあいでお料理を楽しめました。

  •  今回初めて参加した先生は、「お料理は手順や段取りなどで頭を使うので、仕事上に関わらず、あらゆる事に役に立つからスタッフも連れてきたかった」とおっしゃっていました。私も、料理はすべての基本ではないかなと思います。某先生の将来の夢ではありませんが、私も歯科を引退した時に、料理に関わる仕事をしたいなと思います。

  •  メニューの事を少し、「トマポンで春のごちそう蒸し」お野菜たっぷりの蒸し料理で、なんとホットプレ-トに並べるだけというお手軽さ、お仕事をされてる方にはぴったりの超簡単で美味しいお料理でした。カゴメさんのトマポンも新しい味で皆様お試しあれ。

  •  「米粉ときな粉と黒ごまのシフォンケーキ」は、きな粉と黒ごまはアンチエイジングにぴったり、1粒で2度美味しいスイーツですね。以前シフォンケーキにはまった事があったんですが、最近は全く作ってなかったので、近々家でも作ろうと思いました。その他「米粉のはちみつマドレーヌ」、「冷製トマトと枝豆のスパゲッティ」も美味しく頂けました。

  •  次回は、炊き込みご飯、常備野菜の料理、キノコの塩漬けなどのリクエストも出ています。皆さんも、徳永先生に教えていただきたいメニューや、使い方がわからない食材などのリクエストがあればどしどしお寄せください。
  •  次回は秋頃を予定しております。皆様ふるってご参加ください。


福岡市早良区 吉村富美

  • 4月24日、今年も好評のお料理教室がカゴメのオープンキッチンで開かれました。

  •  今回は、「春を味わう」旬の料理と話題の米粉を使ったスイーツを作りました。
  •  徳永睦子さんからとっても美味しいスイーツの作り方を伝授してもらい、参加者全員で格闘。「できた~!!!!」さてお味は…

  • みんな真剣に耳を傾けています。
  • 普段の診療とは少し勝手が違います。

  • お父さんと一緒に参加した〃未来の女医さん〃です。
  • お味の方は?
  • 最後にみんなでハイ チーズ!!! 次回も美味しいものを作って下さいネ。

~野菜の重要性を大事にして~
  •  9月13日(日)午前10時から午後2時、料理研究家徳永睦子さんを講師に迎え、カゴメ株式会社九州支店内1階のガラス張りのとてもきれいで明るいオープンキッチンにて婚活料理教室を開催しました。

  •  当初は、日々忙しい女性歯科医師のために帰宅後でもちゃちゃっとできるスピード、使い回し料理を教えていただこうと企画したものが、先日の七夕トークで多くの未婚の女性歯科医師から、婚活についての悩みを相談され、少し路線を変更しこのような催しとなりました。

  •  女性8名、男性6名、世話人4名が3班に分かれ、夏野菜を使った「小松菜ジュース」「イカのオードブル」「鶏肉のカポナータ」「かぼちゃのナッツサラダ」「かぼちゃのコールドスープ」「ベジフルプルプルゼリー」のなんと6品も作るということで一抹の不安もありましたが、徳永先生からのたくさんのお野菜に関する情報や食にまつわるお話をしていただいてからの調理実習は、とてもスムーズで和気あいあいにすすみ、プロ並みの出来栄えとなりました。

  • 野菜も用途にあわせて細かく刻んだり煮込んだりすることにより十分メイン料理となること、味付けは塩と胡椒とオリーブオイルのみでよく、そうすることにより本来の野菜のうまみがひきたつことを実感しました。また、カゴメの方から、植物性乳酸菌のお話や補助調味料の紹介があり、もっと気軽に美味しくたくさんのお野菜を採れる工夫も教えていただきました。

  •  男性陣のなかには、早速帰りにお野菜を買って帰るぞ!と料理に目覚めてしまった方もいたようです。

  •  さて、”婚活”自体がどうかは今後の展開に期待するところです。
(安部 直子 記)
  • ※次回の婚活料理教室は12月6日(日)です。



  • 第1部  山口美智子さんミニ講演(薬害肝炎全国原告団代表)
  • 7月5日の七夕トークは、2003年に全国初の実名原告となり、今日まで薬害肝炎全国原告団代表をつとめている山口さんをお招きし、女性として母としての視点から薬害肝炎根絶のためにたたかってこられたこれまでのお話をしていただきました。

  • 【感 想】
  • 福岡女性歯科医師の会
  • ―母として、薬害肝炎原告としてー
  • 第8回「七夕トーク」で山口美智子さんが語る

  • ◆九州訴訟原告番号第一号◆
  •  1987年第2子出産時、出血多量で、血液製剤が投与され、さらに輸血。それでも、出血は止まらず、子宮摘出という予想外の惨事に見まわれる。なんとか乗り越えて退院したとたん、急性肝炎を発症。当時は輸血によるものと、医療人も本人も認識していたが、そこから始まるC型肝炎をかかえての生活は想像を絶する苦しいものだった。努力家で教師という仕事に情熱を傾けていた彼女は、やる気と努力では乗り越えられないひどい体調不良に苦しむ。やがて、21年間勤めた小学校教師を退職。そのとき受けていたインターフェロンの治療は、教え子たちのエールもまったく届かないほど、彼女の心まで蝕んでいた。

  •  やがて、C型肝炎は輸血からではなく、血液製剤からのものだと知り愕然とする。日本で彼女が製剤を投与されるはるか10年前に、アメリカでは、肝炎の発症が確認され、認可が取り消しになっていたのだ。

  •  なぜ、そのようなものが日本では10年以上にわたって野放しにされていたのか・・・・
  • その血液製剤を製造している現場を見て、さらに愕然となる。社会からドロップアウトした人々の売血による血液がプールの中に混合され原料となっていたのだった。

  •  2003年4月、彼女は、全国初の実名原告となり提訴し、2006年全国原告団代表となる。それからの活躍は、多くの人の記憶に新しいところだ。

  •  テレビでは、強気で気丈な姿しか目にすることはできなかったが、今回お話をお聞きして、山口さんがただ、自分の不幸を保障してほしいということだけで立ち上がったのではないということがわかった。当たり前のことが、当たり前にすすんでいっていない、この国のシステムの中で、たまたま薬害C型肝炎になったことは、山口さんだけの問題ではなく、また薬害C型肝炎患者だけの問題でもない、ということだ。

  •  日本という、きちがいじみた官僚システムの国家は、いつでも、だれでも、明日の山口さんになりえるのである。
  • 声をあげなければ、という人間の根源的な叫びを、山口さんは勇気をもって形にしていったのだということがわかった。

  •  訴訟というものを起こすということは、すさまじくエネルギーのいることで、理不尽な思いに泣くことがどれだけあっただろうか。その戦いの中で練られて強くなり、穏やかな中に明確な強さを、山口さんから会場のみなが感じ取っていた。また、母としての色々な思いを語るときの山口さんの言葉は優しさに満ちて、会場の参加者の目頭を熱くした。

  •  「山口美智子」では、首相や、大臣を前にして、舞い上がって何も言えないかも知れない。でも、多くの同胞の代表としての山口美智子は、不思議にきちんと物が言える・・・そうおっしゃられていた。人は自分だけのためには決して強くはなれないものなのかもしれない。

  •  官僚たちは、多くの訴訟を受けて何をしてきたか。残念ながら、ただ、認可するための書類を増やし、現場の手間を増やしただけで、山口さんたちの要求にほんとうの意味で答えていっているのか、という感触がある。
  • 訴訟が起こるたびに、諸外国の権威ある認可を無視し、ことさらに認可への手間と費用をふやし、その結果、不採算な薬がどんどん現場から消えるという現実を臨床現場で目にしている。新しい新薬がどの国よりも認可が遅れて、薬を待つ人へ届かない、という情けない事態が慢性的に続いている。

  •  薬の認可を取るために、官僚二人、企業のお金で、輸入先の工場に視察に連れて行き・・・・膨大な書類をそろえる、といった官僚の責任逃れとしか思えないようなことだけどんどん進んでいるのである。
  •  所詮、官僚は国民のためのシステムを作る気など毛頭なく、いつのときにも、自分たちの利権を守ることと、責任を交わすことしか考えてないようだ。個人的には違う人も多くいると思うが、組織という形をとると、悲しいかなそういう風になっていくようだ。

  •  これから必要なのは、山口さんたちの活動が、真の意味で、国民を守るシステムになるように、医療の現場に携わる我々と力を合わせた活動に発展していくことが大切なのではないか。そう強く思わされた。このたびの講演は、そういう意味でも、とても意義があったのではないかと思う。(by 浦川幸世)


  • 第2部  「働く女性のコ・ン・カ・ツ」
  • 福岡女性歯科医師の会「第8回七夕トーク」

  •  今回の「七夕トーク」の第2部は、テーマ「コ・ン・カ・ツ」で、おいしいお茶と、女性歯科医師会世話人の中で唯一の花の独身K先生のいつもの楽しいトークから始まりました。歯科医師は最終的に開業を考えないといけない方が多くいらっしゃいますよね。
  •  K先生は、「1に婚活、2に開業」と開業前に婚活しとかなきゃ駄目と、力説していました。また既婚のどの先生からも、出会うためには、相当なエネルギーと、お金が要るということは一致していました。

  •  若い先生方からは、大学院に行くのに迷っているとか、勉強会の参加の仕方、子育て、仕事のこと等々、いろいろな悩み相談もとびかいました。どれを優先させるかは女の方の一番の悩みですが、子育てを終えられたT先生は、「結婚、仕事、勉強どれも優先させたほうがいい」との欲張りなアドバイスに全員うなづいてました。2部は、始終、和気あいあいと、本音がたくさん飛び交い楽しい時間を過ごせました。
  •  「コ・ン・カ・ツ」、それは、結婚は上から降ってくるものではなくて、活動するもの・・・・
  •  どう活動しましょうか。先輩からのひとつひとつ、含蓄のあるお言葉、草食系男子に、肉食女子?・・・・
  •  収入とかではなく、やはり愛!・・・。
  •  独身の皆様、仕事も結婚も、欲張って大丈夫です。がんばってくださいね!! (吉村富美)
  • 七夕トークのご案内LinkIcon