第11回料理教室 今日はみんなで「お寿司の日」

 前日降り続いていた雨もやんで、梅雨の曇り空の中、じめじめした空気を吹き飛ばすさわやかな料理を教えて頂きました。
 第11回のリフレッシュお料理教室は「我が家で楽しく♪お寿司の日」をテーマに、さわやか夏ちらし寿司、鶏そぼろ稲荷、三つ葉のかきたま汁、かぼちゃのいりこ煮、甘夏のフルーツゼリーの5品。なんて豪華!
 徳永先生からは季節のお話などを伺いながら、料理の手順を教えて頂きます。今はだしをとったいりこは捨ててしまうことが多いですが、昔はそのまま食べていたというお話や、落とし蓋は食材とくっつかないように水に濡らしてから使うとか、かきたま汁を作るときは水溶き片栗粉でほんの少しとろみをつけると卵が浮いてきれいに卵の花が広がるとか(先生が入れていく卵の鮮やかさといったら!)料理の知恵も教えて頂きながらさらりと出来上がっていく料理の数々。すべての料理が出来上がったところで、いよいよ実習です。
 今回は大人9人、子供3人の合計12人で、2グループに分かれての実習となりました。いつもより少人数ですが、賑やかさは相変わらずです。「我が家で楽しむ」というテーマなだけあって、子供にもできる作業もあり、家庭で親子でも楽しめそうです。
 それにしても…先生がしているととても簡単そうに見えるのに、いざ自分たちでするとなぜこうも時間がかかるのか。まあ家で煮物を作るのに面取りなんてしてないですしね。実際に家で作るときには多少の煮崩れもご愛嬌ということで。
 無事料理も完成して、お楽しみの実食♪普段からこういう料理を食べたいよねという声が続出!とはいえ仕事から帰っての普段の料理では、なかなか手間暇かけられない…。だからこそたまにしっかり作るとリフレッシュにもなりますね!基礎を教えて頂いたので、適度に自分流に発展(手抜き?)をさせながら皆さま自宅でも挑戦されるのではないでしょうか。明日からの家庭料理がワンランクアップしちゃうかも!?

(野田恵美・記)