平成26年も楽しいことを企画 12月


■12月の世話人会は例年、忘年会を兼ねてみんなで楽しいお酒を頂きながら開催されます。
今年は、美人女医N先生の紹介で、素敵なスペイン料理屋さんで女性歯科医師10名、女性協同法律事務所から女性弁護士4名、女性社労士1名と女性行政書士1名、事務局2名(うち局長だけが唯一の男性!)というハーレム状態の総勢18名の賑やかな会になりました。

■まずは、酔っ払う前に話しておきたい大事な議題は、今春に行いたいと考えている「女性歯科学生アンケート」についてです。福岡歯科大で行われている卒後アンケートも参考にしながら、現在校正中です。
歯学部学生の約半分が女子となってきている昨今、女医が働き続けられる環境がないと、いつか代診探しにも困る時代が来るかもしれません。そういう意味でも興味深いアンケートが実施できればとがんばって企画中です。

■そして、一番盛り上がったのは、T先生の婚約話です。独身女性の割合が全国的にも多いといわれている福岡ですから、女医の結婚は本当におめでたいことです。馴れ初めやこれからについて、皆で質問攻めにして、幸せオーラを分けてもらいました。

■初めて参加された社労士と行政書士のお二人には、日々の診療において悩んでいる経理や労務の事の愚痴を聞いて頂き、プロを利用するという発想も大事だということを教えて頂きました。

■仕事納めまでもう数日という年の瀬忘年会でしたが、みんないい気分で帰路につきました。平成26年も、いろいろ楽しいことを企画していますので、よろしくお願い申し上げます。

(安部直子 記)

▲ ページトップへ


1月のお料理教室は「炊き込みごはん」!! 11月


■11月の女医の会は10名と事務局員、それといつもの焼き芋の差し入れの大崎会長でわいわい始まりました。
今回は差し入れも多く、診療後バタバタと駆けつける私たちにとってこの上なく嬉しいことです。
そういえば、今回はなんだかみなさんいつもと感じが違う方が多かったように思います。
これも美塾で美しい先生方がますます美しくなられてたからかな?(ちょっと図々しいですか?)

■まずは、アレルギーで悩まされているK先生から原因物質を調べてくれるアメリカのキットの話をしていただきました。仕事上の材料などがアレルギー物質だったら、どうしようもないと言う話もでました。

■11月30日の「摂食、嚥下リハビリの歯科からの臨床対応」には100名以上の申し込みもあっています。

■七夕トークの女子歯学生へのアンケートは3月までに作って4~5月にアンケートを行う予定です。札幌であった「若手懇」で愛知の先生がとても興味を持って頂けたようで、このアンケートが全国に広がってくれたら嬉しい限りです。
七夕トークの日程は講師の先生のスケジュールや、学生さんの試験期間との兼ね合いで現在調整中です。

■延び延びになっているお料理教室は「炊き込みごはん」をテーマに和食になりそうです。

■スタッフにはどこも困っているようで現在パートさんしかいないA先生はスタッフと子供の参観が重なって、こういうとき常勤がいないと困るとおっしゃってました。
ご主人も歯科医なんですが電話とコンピュータが苦手みたいで結局A先生が参観を諦めて留守番をされるそうです。男の先生はなんて頼りないんでしょうね。

■かくいう私も「矯正を勉強したい」と言ってうちに勤め始めた衛生士から、1ヶ月で「辞めたい」と言われた時には、え!!と驚きましたが、今のゆとり世代は概ねそんな子が多いようです。
こんなことじゃ日本も大変だよねと思います。

■2013年最後の女医の会は望年会として12月26日(木)にキャナルシティにある「ジョビジョバ」で開催されます。
どんな雰囲気かのぞいてみたい方は是非いらっしゃってくださいね。楽しいこと請け合いです。

(記・吉村富美)

▲ ページトップへ


ためになる話が10月も賑やかに 10月


■今回ものんびりスタートしました本会、北海道での「若手のつどい」と東京の「女性部会」に参加された先生方からのお土産を頬張りつつ、にぎやかに進行しました。

■時事ネタから始まったインターネット談義では便利機能から迷惑メール・情報漏えいにまで話が及びました。便利さだけでなくネットの怖さもしっかり押さえて上手に使いたいものです。
 来年の七夕トークでは事前に学生さんへのアンケートを取った上で、それをもとに企画する予定です。10年ほど前にも行いましたこのアンケート、当時とは状況も異なるため、内容について現在鋭意(?)分析中です!

■これからの歯科界を担っていく若い先生方の意見・質問を話せる場になるよう準備を進めていきたいと思いますので、皆様のご意見もお待ちしています。

■いつものように話に花が咲き、サンプルの効果的な使い方や、スタッフの昇給・交通費の払い方など、いったいどこからどう転んだものやら為になる話もたくさん聞けました。

■次回は11月19日(火)、そして12月には忘年会を兼ねて26日(木)に予定しておりますので、仕事後のストレス発散がてらぜひご参加下さい♪
(大山 恵美 記)

▲ ページトップへ


みんなで笑って、また明日から頑張ろう 9月


■9月の茶話会は、大崎会長からの差し入れのシュークリームと事務局の菊池さんが入れてくれたコーヒーをいただきながら始まりました。
■ふくおか女性歯科医師の会では、2002年に九州歯科大、九州大学歯学部、福岡歯科大の女子学生(5、6年生)を対象に歯学部への志望動機、将来は開業したいか?など、アンケートを実施しました。12年たった今、再度女子学生の意識調査を行いたい、と現在検討しております。今の女子学生に聞いてみたいことなどございましたら、事務局までお知らせください。また各大学へコネクションのある先生、是非ご協力をお願いいたします!!
■9月15、16日に北海道で若手医師・歯科医師のつどいがあり、そこでふくおか女性歯科医師の会の発足から現在までの取り組みを報告させていただくことになりました。9月の茶話会ではその予演会が行われました。
■昨年、このつどいが福岡で行われたのですが、その時に多く(と言っても5名くらい)の若い(?)女性歯科医師が参加しました。全国的に見ても珍しかったらしく、その理由が知りたい、ということで今回ご依頼いただいたのですが、改めて重要なのは大学や年代、おかれている立場を超えた、人と人とのつながりであると感じました。
2001年に発足した「ふくおか女性歯科医師の会」ですが、今年で13年目。今回、「ふくおか女性歯科医師の会」の発足から現在までを振り返り、改めてこの会を立ち上げようと尽力してくださった先生方に感謝したいです。
■私が開業し、丸5年が経ちました。ほとんど毎月、この茶話会に参加しています。
私の悩みや愚痴を毎月聞かされても、嫌な顔ひとつせずに、「わかる~」「私もそうだったよ~」と優しくアドバイスして下さった先輩たち。最近は後輩も多く参加してくれるので、年齢層はぐんと若くなっています。5年前は1番若かった私ですが、現在は平均年齢を上げる側になってしまいました。
嫌なことがあっても、みんなで笑って、また明日から頑張ろう、という気持ちにさせてくれる会ですよ。1度参加してみませんか?(小石 裕子・記)
みんなで笑って、また明日から頑張ろう
■9月の茶話会は、大崎会長からの差し入れのシュークリームと事務局の菊池さんが入れてくれたコーヒーをいただきながら始まりました。
■ふくおか女性歯科医師の会では、2002年に九州歯科大、九州大学歯学部、福岡歯科大の女子学生(5、6年生)を対象に歯学部への志望動機、将来は開業したいか?など、アンケートを実施しました。12年たった今、再度女子学生の意識調査を行いたい、と現在検討しております。今の女子学生に聞いてみたいことなどございましたら、事務局までお知らせください。また各大学へコネクションのある先生、是非ご協力をお願いいたします!!
■9月15、16日に北海道で若手医師・歯科医師のつどいがあり、そこでふくおか女性歯科医師の会の発足から現在までの取り組みを報告させていただくことになりました。9月の茶話会ではその予演会が行われました。
■昨年、このつどいが福岡で行われたのですが、その時に多く(と言っても5名くらい)の若い(?)女性歯科医師が参加しました。全国的に見ても珍しかったらしく、その理由が知りたい、ということで今回ご依頼いただいたのですが、改めて重要なのは大学や年代、おかれている立場を超えた、人と人とのつながりであると感じました。
■2001年に発足した「ふくおか女性歯科医師の会」ですが、今年で13年目。今回、「ふくおか女性歯科医師の会」の発足から現在までを振り返り、改めてこの会を立ち上げようと尽力してくださった先生方に感謝したいです。
■私が開業し、丸5年が経ちました。ほとんど毎月、この茶話会に参加しています。
■私の悩みや愚痴を毎月聞かされても、嫌な顔ひとつせずに、「わかる~」「私もそうだったよ~」と優しくアドバイスして下さった先輩たち。最近は後輩も多く参加してくれるので、年齢層はぐんと若くなっています。5年前は1番若かった私ですが、現在は平均年齢を上げる側になってしまいました。
■嫌なことがあっても、みんなで笑って、また明日から頑張ろう、という気持ちにさせてくれる会ですよ。1度参加してみませんか?
(小石 裕子・記)

▲ ページトップへ


七夕トーク、来年をまた楽しみに 8月


■第12回七夕トークが7月7日(日)今年は天神テルラ4Fホールにて歯科医師、歯科衛生士、歯科学生含め約30名の参加で開催されました。

■第一部は講師に女性共同法律事務所より中西俊枝弁護士をお招きして、「知ってるだけで大安心 働く女性(あなた)の法律アラカルト」をテーマに美味しいお食事を頂きながら、医療従事者である私達が知識として理解していたほうがいい法律や、対処法を楽しく分かりやすくお話していただきました。

医療訴訟は皆が関心高いトピックでしたので具体事例等聞くことができ非常に勉強になりましたが、特に盛り上がりましたのが夫婦共同経営医院が万が一離婚等起こってしまった場合の資産分与で問題となりやすい事項の話や、今後開業を始めるにあたり意識していた方が良い事項の話の部分でした。

弁護士という職種も私たちと同じように夫婦共同で自立経営される場合が多いということで、講師の中西弁護士ご自身の経験談等盛り込み親身にお話してくださったので、最初は静かに始まりました講演会もフリートークタイムには各先生方の抱えている事例等たくさんの質問が飛び交い、笑いも交えたいつもの茶話会が思い起こされるような賑わいとなりました。

■第二部は講師に美塾福岡校でメイク講師をされている延佐智子さんをお招きし、「女医は目元で勝負!let’s show me 素敵なまゆ♪」をテーマに第一部とはガラリと雰囲気を変え、仕事やプライベートに忙しい毎日の中でも、より輝ける美容法をマスターすべく実例を紹介いただきながら実技ありの目からウロコのワンポイントレッスンを行っていただきました。こちらもとても盛り上がりまして、後日私達茶話会メンバーで体験レッスンをお願いするとか何とか…盛り上がりが続いております。そのうち報告があるかもですね(笑)

■あっという間に予定しておりました4時間が過ぎ、後ろ髪を引かれる思いでの解散となりました。今年は晴天の七夕となり、天の川も綺麗に見れたことでしょう。
織姫と彦星の再会もきっとうまくいって…子供達が喜ぶね、なんて話しながら別れるのも女性部会ならではでしょうね。
年々盛り上がっている七夕トーク、来年をまた楽しみにお待ちください。(込山照美 記)
▲ ページトップへ

おしゃべり会で元気と実力をつけませんか!  7月


■7月の女性歯科医師の会は、世話人8人にオブザーバー1人大崎会長の表敬訪問(?)に事務局2人でいつものようににぎやかに始まりました。

■6月に双子ちゃんを出産の先生の出席に皆大歓迎!今回はお母様が見てくださって来られたそうですが、これから大変ですね。これからも是非会に出てきてもらいたいです。そして出産や子育ての喜びをみんなに分けたり、ストレスを発散してもらえる場になればいいなと思います。

■まずは事務局の方から「現在女性会員が151人になり今までで最高」という報告がありました。12年前の発足時はほぼ100人でしたから1.5倍になったということですね!
さて7月7日(日)「第12回七夕トーク」が開催されました。
第1回から12年たってまた7月7日が日曜日になりました!
私もスタッフの結婚式があり参加できなかったので、詳しくは担当のK先生の報告を楽しみにしています。

■今回は歯学生3人と他にも若い先生の参加が多かったのが特徴で、講師の中西先生のお話については、医療過誤を避けるためのお話や離婚への備えなどとても役に立ったという感想が多かったようです。

■第2部、延先生の「きれいな眉」も好評で、第2回目を協会事務室で開催する案が出ていますので楽しみにしてください。

■また、9月に開催される「保団連の女性部交流会」や、札幌「の若手医師・歯科医師の会」で、元気な福岡女性歯科医師の会の活動報告をすることになっています。参加の先生方には是非頑張ってほしいし、また、他県の女性部会の楽しい活動などもぜひ紹介してくださいね。

■他には、初めて税務調査を受けた経験の報告がありました。修正申告なしで無事終了しましたが、税務資料の記録・保存法、協会の協力、税理士の選び方などなど…いろいろな他の方の経験も出され、開業している先生には役に立ったかと思われます。税務調査を通告された先生は是非協会に相談してください。
大崎会長は「自家栽培の朝採りしそ」をみんなにプレゼント。思わぬお土産付のおしゃべり会でした。

■8月は8日(木)9月は12日(木)皆さんおしゃべり会に集まりませんか?(松浦美智子 記)
▲ ページトップへ

月一度、おしゃべりして、ストレス発散しませんか!? 6月


■今月の女性歯科医師の会は世話人7名、オブザーバーの先生1名の8名で行われました。今回は、7月7日に行われる『七夕トーク』がメインテーマで、司会や挨拶を誰がするか、皆さん謙虚な方ばかりなので譲り合いです(笑)。また、第一部の弁護士の先生にお話しいただく内容についても多くの意見が出ました。

★歯科で訴訟になっている事例を聞きたい
★雇う、雇われるうえで知っておいた方がいい法律を知りたい
★夫婦で開業した場合、離婚になったらどうなるのか?
★家を買う時の名義は夫だけにするのか?自分(妻)の名前も入れておいた方がいいのか?

等々、世話人で話しているだけで大盛り上がりでした。当日はみなさんがお持ちのお悩みを解消していただくべく、質問時間も十分に設けておりますので、皆様、遠慮なく質問してくださいね。また、軽食をご準備しておりますが、結構なボリュームがあるようなので、お腹をすかせてお越しください♪。ただ、この報告が読まれるときには、もう終わっていますが(笑)。

■先日、世話人の先生が双子の赤ちゃんを出産されたとの吉報が。来月にも、出産予定の先生がいらっしゃるので、世話人会もママ先生率がグンとアップです。オブザーバーの先生からは『産休に入るスタッフの今後についてのお悩み相談』がありました。産休中に新たに雇うスタッフさんの雇用形態、産後に復帰してきたときの新たに雇ったスタッフをどうすればよいかなどです。

■世話人の先生方からは様々なアドバイスが寄せられました。たくさんのスタッフをかかえておられる先生からスタッフが1人の先生、様々な経験をお持ちの先生が多いのでとっても勉強になります。
■仕事だけでなくプライベートなお悩みも、先輩ドクター方がとことん親身になって相談に乗ってくださるのがこの会の強みの一つだと思っております。

■また、女性だけの会ですので、どんなお悩みでもグチを聞いてほしいでも結構です。月に一度、女性だけでおしゃべりして、笑って、ストレス発散しませんか!?

■次回は7月11日(木)20時からです(8月は8日です)。お気軽にご参加ください。(中山 麻美・記)
▲ ページトップへ

今年の七夕トークは「 働くの法律アラカルト 」 5月

 

■5月の女性歯科医師世話人会は世話人7名、事務局員2名でした。妊婦先生が2名いらしており明るい話題からスタートです。
■今回の一番の議題は七夕トークのテーマ名を決定する事でした。七夕トークは女性歯科医師の会の活動を幅広く知っていただく最大のイベントでありテーマ名決定には毎年頭を悩ませています。といいつつも毎回のことながら素敵なキャッチコピーを考えてくださるU先生の案からあっさり決まりました。テーマは「知ってるだけで大安心、働くの法律アラカルト」です。
■女性弁護士の原田純子先生を講師にお招きして、働く上での法律に関してお話していただきます。平等といいつつも現状は女性が家庭を守るという概念はまだまだ根付いているような気がいたします。普段あまりふれることのない法律に関して知ることで自分の立場を確立するきっかけにもつながるかと思います。

■第二部ではマスクより上の化粧をテーマに美塾メイク講師・延佐智子さんに眉の書き方を伝授していただくことになっています。
化粧は女性の身だしなみ、やはり好印象を得るために重要なポイントです。と言いつつも半分マスクで隠れているからと油断していることもしばしばでマスクで隠れない目元でさえも、学生時代(20年程前??)に購入したアイブロウペンシルをいまだに使用しているという(減らない)先生や、描いても夕方には無くなっているという自分など、日ごろは無頓着になりがちです。そんな日常から脱出できるかもと楽しみにしています。これらのテーマをもとに七夕トークは横のつながりを大切に、皆で悩みを共有する場としても多いに活用していただきたいと思っています。
多くの皆さんの参加をお待ちしています。

■今回の茶話会はなぜかあっさり内容決定したことでいつもにも増してお喋りする時間も多かったように思います。
■繰り返す根尖性歯周炎に起因する硬化性骨髄炎に罹患した症例を経験された先生からその経緯等の話から、スタッフ募集のコツ、ゴールデンウィークにトルコに行かれた先生のお土産とお土産話、霧の無い摩周湖の話、歯科医師会○○班のお伊勢参り旅行予定など話題は尽きず。
■その他今月は特別イベントとしてステンドグラス体験教室を開催予定です。茶話会への皆さんのご参加もお待ちしています。6月は13日(木)、7月は11日(木)午後8時からです。 (冨岡未記子・記)
 
▲ ページトップへ

女性が自分らしくいられる未来へ想いを託し 4月

 

昨年の七夕トーク


■4月に入ったとは言え、まだまだ風が冷たく感じる第二木曜日の夜、世話人11名、大崎会長、事務局2名で世話人会が始まりました。
今回、大崎会長が飛び入り参加した理由とは・・・女医の会メンバーへのある“お誘い”のためでした。

■昨年の秋に福岡で開催された「若手医師・歯科医師のつどい」に、我々女性歯科医師の会の世話人が数人参加しましたが、今年は北海道で行われるこのつどいに、是非とも「ふくおか女性歯科医師の会のメンバーの参加をお願いしたい」とのことでした。そういうお誘いを頂けるというのは、とても有難いことだと思います。
平均年齢が若く(!?)比較的人数も集まっている女性歯科医師の集まりが、全国各地の保険医の先生方に何かしらのインパクトを与えたのは確かだったようです。

■今の「ふくおか女性歯科医師の会」がこうしてエネルギッシュになり注目していただいているのも、発足当時からの世話人の先生方がコツコツと活動を続けてこられた結果でありますが、今年の「若手医師・歯科医師のつどい」の時期、女医の会の世話人たちは皆大忙しなのです。

■大崎会長はじめ、他の先生方のご期待に充分沿うことができたらいいのですが…。
この一件を例に挙げてもそうなのですが、私の周りの働く女性は、仕事に家事にプライベートにめまぐるしい日々を送っています。
海外では女性の社会進出が当然のような国もあります。現在でも日本の土地には「男性は働きに出て、女性は家庭を守るもの」という概念が根付いているような気がします。

■まだまだ日本の女性にとって“働きやすい社会”とは言い切れない状況です。一歩ずつ、“女性が働きやすい社会”を作っていかなければなりません。
今生きている誰もが、この世に生を受けた一度きりの人生を送っています。

■欲張りすぎるかもしれないけど、仕事も家事もプライベートも、色々なところに目を向けないともったいないような気がします。
私は、「歯科医師」として研鑽し、患者さんの治療をすることで、どこまで患者さんのより良い生活に関われるだろう、とよく考えます。“自分がしている仕事は、こういうものだ”と思えばそれまでなのですが、実は「歯科医師」にしかできないことって沢山あるんですよね。常にそういう風に物事をとらえて仕事をしていたいな、と思います。

■今後の女性歯科医師の会の予定としては、7月7日(日)に毎年恒例の「七夕トーク」が開催されます。

■女性協同法律事務所の先生に「女性が働き続ける上で必要な法律の知識」をテーマにご講演いただく第一部と、美塾メイク講師の先生による「美しい眉毛の描き方」がテーマの第二部があります。
学生さんは無料になっています。是非お気軽にお越しいただけたら、きっと何か新しい世界や人との繋がりが見えてくるはずです。ご参加をお待ちしています。
(櫻江陽子・記)

▲ ページトップへ


話は尽きない 楽しく熱い座談の時間 3月

 

■3月の茶話会は、9名の参加で始まりました。当日は3.14ホワイトデイということもあり、お茶菓子等の差し入れも多く、いつも以上に和やかな雰囲気での開始となりました。

■まずは、7月7日(日)七夕トークについて詳細についての確認および企画です。

■女性協同法律事務所の弁護士の先生に「女性が働き続ける上で必要な法律の知識」をテーマに講師をしていただき、働く女性が日ごろ抱えている問題や疑問を色々と伺える機会をもてるということで、とても楽しみな企画となりました。先日の女性弁護士の方々と女性歯科医師の会の交流会に引き続き、一層の交流が深まるいい機会でもあるかと思われます。歯科学生さんは参加費無料とすることで、興味ある方々に多数参加してもらい、こちらも今後に繋がる交流がもてればと期待しております。

■また他業種との交流ということでは、女性税理士連盟の方々と今後交流の機会をつくることになりそうですとの事務局からの報告がありました。新しい交流の場が持てるということで期待感が高まる思いです。

■さて、今回の茶話会当日は朝から新聞やTVで福岡のインプラント歯科破綻というニュースが大きく取り上げられた日でした。歯科を取り巻く現状が厳しい今日での暗いニュースに、気持ちが沈む思いでしたが、ではその原因とは?対策は?に続いて、日常的に困ることの多い経営全般の座談が繰り広げられました。保険医協会で毎月行われている経営セミナーへの参加や、怪我・病気の場合の休業保障制度の利用が経営の上では助けになるとのことです。私たちも積極的に利用したいと考えています。詳細は事務局までお問い合わせ下さい。

■話が盛り上がった頃に、大崎会長が嬉しい報告をもってきて下さいました。今年度9月に北海道札幌で行われる「若手医師・歯科医師のつどい」で、実行委員会から直々に福岡の女性歯科医師の会の報告を行ってほしいとのオファーがありましたとのことです。昨年、福岡で行われた「若手のつどい」での私達女性歯科医師の会の参加で、福岡での取り組みについて全国的に関心が高まっているとのことでした。

■それは単に諸先輩方々の日々の働きかけの積み重ねの結果でありますが、評価を謙虚に受け止めつつ、風は西から、私たちのできることを今後も一つ一つ重ねていき歯科界に少しでも貢献できればとの思いです。

■楽しく熱い座談の時間は今回もあっという間にすぎました。気づけば20分オーバー。話は尽きない中、お開きとなりました。次回茶話会は、4月11日(木)、5月9日(木)の予定です。
(込山 照美 記)

▲ ページトップへ


見た目も美しく、意外と簡単 春の訪れの料理教室 2月


■2月3日、第7回お料理教室が西部ガス高宮教室をお借りして行われました。今回のテーマは「我が家の春のひなまつり」ひなまつりにぴったりな、かわいらしくそして春の訪れを目と口両方で感じることができるメニューが並びました。

■最初に先生が実際に作って教えて下さるのですが、いつもそのときに今回のお料理のレシピだけでなく、常備食の作り方や野菜をまとめゆでして毎日の食事に役立てることなど、働く女性(男性も!)には有難い、ちょっとしたコツを教えて下さいます。

■また先生が、今回のメニューにもあった「アオサ」(乾燥でなく生のものはこの時期しか手に入らないそうです)や、春の代名詞「つくし」などを、次の年に季節を先取りして味わえるように冷凍して保存されているとうかがいびっくりしました。

■今のようにまだまだ肌寒い時期でも、少し早い春を感じることができる、毎日の食で生活を豊かにしていく、とても素敵な心遣いだと思います。


■そうして皆で作った料理は、もちろん味も美味しく、見た目も美しく、そして意外と簡単で、これなら家でもチャレンジできる!と思えるものばかりでした。

■今回は3人のお子様連れの参加もあったのですが、どの子もとてもお利口にお料理のお手伝いをしてくれました。親子での参加もとてもいいですね!


■最後に今回もおいしいお料理を教えてくださった徳永睦子先生、有難うございました。次回のお料理教室も楽しみにしています!
(宮崎 玲子・記)

▲ ページトップへ


「お得な情報に女のよもやま話は尽きず、、」 2月

 
■寒の戻りで春が待ち遠しい夜、2月の茶話会は8名の参加で始まりました。
■まずは、先日のお料理教室“我が家の夢のおひなまつり”の感想。お子さんの参加も多く、賑やかな会になったようです。お料理教室も回を重ねるごとに、固定メンバーも増えてきて、久しぶりに参加された方からはお互いゆっくりお話する時間がとれたら、もっとよかったかも?というご意見もでていました。

■元々は、婚活料理教室!と銘打ってスタートした企画でしたが、いつのまにか徳永睦子先生ファンのお楽しみの料理教室になりつつあります。本当は、男性陣も大歓迎ですので、また次回秋ごろの開催(リクエストはぜひ炊き込みご飯で)の折には、奮ってご参加ください。

■今回、皆で盛り上がったのは、K先生からのご紹介の火災保険の話。これには、機材の破損なども補償するオプションがあり、それを聞いてこの保険に入りなおしたM先生曰く、スタッフが壊したCR照射器の修理代も一部補償してもらえたとのこと。故意ではないけどいろいろ壊されたり、壊れてきたりする歯科機器の修理の支払いは、事業主にとっては痛い出費です。

■保険の見直しでお得になることもあるようで、検討の価値ありのようです。それに加えて、協会の休業保障共済保険も3月から復活するとのお話。週4日以上の勤務で協会会員であれば入れるとのことなので、働く勤務医にもあり難い保険です。詳細は事務局にお尋ねください。

■さて、講師の都合で難航していました7月の七夕トークですが、女性弁護士さんを迎えて働く女性のための法律相談をする予定に決まりました。相談したいこと、聞いてみたいこと等ありましたら、こちらもご意見お待ちしております。

■今年の温泉旅行はいつする?どこがいい?と話は尽きないなか、お開きとなりました。次回茶話会は、3月14日(木)、4月11日(木)の予定です。(安部直子記)
▲ ページトップへ


役に立つかも?の話が聞ける茶話会へ 1月

 
■今年最初の茶話会は、1月なのに暖かい夜、いつものように協会会議室ではじまりました。
■参加者は7名、若い先生が初参加してくださり、年明け早々縁起がいいなあとうれしい気持ちになりました。

■今回の主要なテーマは「七夕トークの講師について」。講師選びは毎年頭を悩ませるところですが、素晴らしい人脈をお持ちのN先生の「ガンなど、これから気をつけたい女性特有の病気について」という内容で講師をお願いできる先生がいるがどうか?と提案があり、是非そのテーマでお願いしよう!!となったのですが、日程調整が上手くいかず、仕切り直しになってしまいました。この記事を読んでいる女性の皆さま、七夕トークで取り上げてもらいたいテーマなどございませんか?急募です!!
2月3日(日)、7回目となるお料理教室を開催。

■今回は「我が家の夢のひな祭り」と題し、講師はいつものように徳永睦子先生です。報告は後日させていただきますが、親子で参加される方も多いので、きっと楽しい会になると思います。

■私事ですが、「高圧洗浄」についてお話を。1年くらい前、急にトイレの水の流れが悪くなりました。幸い、うちにトイレが一つではないため、そこまで困らなかったのですが、一向に良くなる気配がないため修理が必要だとネット検索。業者さんに電話し、来ていただきました。

■ただの紙詰まりではなく、排管が詰まっている、とのことで、「高圧洗浄」が必要に。費用は4万円。消費税はサービスしてくれたものの、かなり痛い出費となりました。
■そして、その1年後の先日。また同じような状態に。また??とは思いましたが、今度は別の業者へ依頼。今回は2万円弱でした。排管の詰まりの原因は木の根っこ。古いお家ではよくあることだそうです。

■4万円はやはり高かったようで、ラーメン屋さんのラードが詰まった排管を3時間くらいかけて掃除する時にかかる費用だそうです。相場がわかりにくいうえに、緊急性が高いトイレの詰まり。ついつい業者さんの言い値を払ってしまいがちですよね。
■このように、今後役に立つかも?しれない話が聞ける茶話会へ、ぜひご参加ください!!(記 小石裕子)
▲ ページトップへ